頴娃を暮らすように旅する。


⁑2018年4月18日OPEN⁑暮らしの宿 福のや、


2016年10月から営業を開始した「暮らしの宿 福のや、」はこの度移転オープンすることとなりました!

‶頴娃を暮らすように旅する”のコンセプトはそのままに、頴娃ののんびりとした、おだやかな雰囲気をおたのしみください。

詳しくは、福のや、について をご参照ください。

*福のや、について。


鹿児島県南九州市頴娃町。

 

かつて貿易が盛んに行われ、100店舗以上が軒を連ねた石垣地区に「福のや、」はあります。

 

頴娃のおいしいもの、いつまでも残したい農風景。

 

心地よい宿を運営し、頴娃に暮らす人たちが感じる幸せをお裾分けしています。

*お泊まりについて。


頴娃へふらっと遊びに来られた観光のお客様から、暮らす様にのんびり頴娃を楽しみたいという方、頴娃の観光まちづくりをじっくり学びたいという方まで、それぞれの旅のスタイルに合わせた過ごし方をご提案します。

 

ただ「泊まる場」、ではなく「体感する場」としてご利用くださいませ。

 

宿泊料金等はご利用案内をご参照ください。


*小さな旅あります。


海に山に川。時間の許す限り、何もせずにぼーっとのんびり過ごす。そんな時間もおすすめです。

 

でも、せっかく来たから色々見てみたい!という方や、長期滞在を予定されている方に、頴娃のタノシミカタを「小さな旅」としてご案内します。

 

また、お客様のご要望に応じてオリジナルプログラムを企画し、ご案内することも可能です。ぜひ、ご希望の過ごし方をお聞かせください。


*ご紹介いただきました。


「福のや、」や、頴娃の情報を掲載していただいたメディアの紹介です。

*こんなことがありました。


「福のや、」のサービスや、頴娃で開催されたイベント、店主の日々をお知らせしています。


*福のや、ばっけについて。


ばっけ…畑のこと。

 

訪れた方が「美しい!」と喜ばれる景色のひとつに、頴娃の農風景があります。

 

そんな畑の魅力を、もっとじぶんの言葉でお伝えしたいと想い、「福のや、ばっけ」を開園することにしました。


頴娃町について


鹿児島市から車で約1時間の場所にある南九州市頴娃町。

 

東シナ海に囲まれお茶畑が一面に広がる、青空がとてもよく似合うまち。住む人々は自然と向き合い、穏やかに暮らしを紡いでいます。

 

初夏は茶葉の緑がキラキラとまぶしく、冬になると真っ白な大根やぐらが登場します。季節の移り変わりを肌で感じることができる豊かな場所です。

 

最近では、農業と観光の連携を基軸に、地域総力戦の観光まちづくり活動も注目されています。私自身、こんな頴娃に魅了されて移り住んできた移住者のひとりです。

 

頴娃の観光情報は、こちらをご覧ください。

https://ei-okosokai.jimdo.com/

 

*頴娃町へのアクセス*

鹿児島市内より車で約1時間

JR指宿枕崎線

石垣地区・・・石垣駅下車

番所鼻自然公園・・・水成川駅下車